TOP
JAORについて
学会創設経緯・沿革
理事長あいさつ
定款
認定医・指導医
学会誌論文
ご入会について
書式ダウンロード
日本歯科医学会
日本歯学系学会協議会
■その他関連団体
日本学術会議 
  第一部ニューズレター
第13回日本臨床医療
  福祉学会のご案内
30回学術大会
 
  過去の学術大会

29回学術大会
28回学術大会
27回学術大会
26回学術大会
25回学術大会
24回学術大会

23回学術大会

一般社団法人日本口腔リハビリテーション学会
〒170-0003
東京都豊島区駒込
1-43-9
(一財)口腔保健協会内
TEL 03-3947-8891
FAX 03-3947-8341

OHASYS
 
 日本口腔リハビリテーション学会雑誌投稿規定
1.

資 格 投稿は日本口腔リハビリテーション学会会員に限るものとする(共同発表者も含む)。ただし本学会が依頼した特別な原稿についてはこの限りではない。

2. 内 容 投稿論文は口腔リハビリテーションおよび顎頭蓋機能の基礎および臨床に関するものであり、他誌に発表予定あるいはすでに発表した内容のものは投稿を認めない。
3. 採 否 原稿の採否は査読制度に基づいてこれを行い、掲載順は編集委員会で決定する。
4. 種 類 原稿は総説、原著論文、研究論文、臨床および症例報告とする。
5. 掲載料 1 編につき 30,000 円を申し受ける。
6. 別 刷 著者負担とし、必要部数は校正時にこれを明示すること。
7. 校 正 著者校正は初校を原則とし、大幅な文章の変更は認めない。
8. 様 式

1)漢字まじりひら仮名、口語体、新かなづかい、外国語は原字。
2)用紙は 400 字詰横書き原稿用紙、ワープロ使用の場合は、A4 判用紙に 20 字×20 行、横書き

3)記載順序 表紙に(表題、英文表題、著者、英文著者、住所、英文住所)を記載し、次に 本文を記載すること。
英文キーワード 3 個以内
英文抄録 300 語以内

4)数字 算用数字

5)単位 原則として SI(Le Syst 士 e Inter-national L ユ Unit 市国際単位系)に従う。

6)図表の挿入箇所 本文欄外に朱書
図表は A4 判以内の大きさにおさめ、黒インクで清書すること。

7)図表、写真 天地番号,説明を記入すること。

8)文献 文献は本文中のカッコ内に以下の例のように著者と発表年を書き入れること。
(例)
日本語 (井上 1982)
(中村ら 1970)
英 語 (Laskin 1969)
(Hannan et al. 1985)

また、引用したすべての文献を文末に以下のごとき体裁で A B C 順に記載すること。共著の 場合は筆頭者を含め 2 名まで記して、3 人目以下の共著者は「ほか」または「et al.」と 略すこと。

雑誌の略号は Index Medicus に従う。
(例)〔雑 誌〕
日本語 赤川安正(1980)咬合挙上が咀嚼筋に及ぼす影響に関する実験的研究、
補綴誌 24,206 ミ 224.
英 語 Farrar, W.B.(1972)Dif-ferentiation of tempor-omandibular joint
dysfun-ction to simplify treatment. J. Prosthet. Dent. 28, 629 ミ 636.
(例)〔単行本〕
日本語 河村洋二郎(1966)口腔生理学,pp. 235 ミ 249.永末書店,京都.
丹治 順(1978)大脳運動野の単一ニューロン活動と随意運動の関連,神経系の統合
機構(塚田裕三 編)pp. 107 ミ 134.共立出版,東京.
英 語 Stafne, E.L. (1974) Oral roentgenographic diagnosis. pp.330 ミ 379.
WB Saunders Co, Philadelphia.
Oberg, T. and Carlsson, G.E.(1979)Macroscopic and microscopic anatomy of the
temporomandibular joint. In: Temporoman-dibular Joint Funcion and Dysfunction
(Zarb, G.A. and Carlsson, G.E. eds.) pp. 101 ミ 118. Munksgaard, Copenhagen.

9)オリジナル 1 部,コピー2 部およびテキストファイルに変換した CD-R を送付すること。
なお、ファイル形式を明記したラベルを CD-R に貼付すること。

10)原稿および図表は原則として返却しない。

9. 著作権および原稿送付先

1)本学会雑誌に掲載された論文および抄録の著作権(copy right)は本学会に帰属する。

2)原稿は巻末の投稿票を添付の上、簡易書留で下記へ郵送すること。
〒170-0003
東京都豊島区駒込1−43−9駒込 TS ビル
一般財団法人口腔保健協会内
日本口腔リハビリテーション学会編集委員会
(TEL 03−3947−8891)

〔編集・査読委員〕
覚道健治 菊谷 武 田中昌博 ○西川啓介
前田照太 ◎松香芳三 松山美和
(◎:委員長,○:幹事,アイウエオ順)
 
投稿規定

二重投稿について

   
   
 
 
Copy right 2009(C)Japan Association of Oral Rehabilitation all rights reserved.