TOP
JAORについて
学会創設経緯・沿革
理事長あいさつ
定款
認定医・指導医
学会誌論文
ご入会について
書式ダウンロード
日本歯科医学会
日本歯学系学会協議会
■その他関連団体
日本学術会議 
  第一部ニューズレター
第13回日本臨床医療
  福祉学会のご案内
30回学術大会
NEW
 
  過去の学術大会

29回学術大会
28回学術大会
27回学術大会
26回学術大会
25回学術大会
24回学術大会

23回学術大会

一般社団法人日本口腔リハビリテーション学会
〒170-0003
東京都豊島区駒込
1-43-9
(一財)口腔保健協会内
TEL 03-3947-8891
FAX 03-3947-8341

OHASYS

 第30回日本口腔リハビリテーション学会学術大会開催のご案内


第30回日本口腔リハビリテーション学会学術大会
大会長 岡 崎  定 司


 口腔リハビリテーション学会は、咬合機能、咀嚼機能、顎関節機能、摂食・嚥下機能、口腔ケアなどを含有する口腔リハビリテーションに関する学会です。平成28年度の本学会は来る11月19日より20日までの2日間,「終末期高齢者を支える歯科医療の役割」をメインテーマに、京都で開催いたします。今回は30回目という節目にあたり、国内外より研究者を招聘したプログラムになっております。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。
なお、会場は国際会館ではございません。京都駅からは京都市営地下鉄をご利用下さり、烏丸御池駅にて地下鉄東西線に乗り換え、蹴上駅下車にてお越しください。当日は会場周辺が大変混み合っております。公共交通機関、特に地下鉄にてお越し頂くことをお薦めいたします。

                        記
会 期:平成28年 11月19日(土曜日)14:00〜18:30
               20日(日曜日)9:30〜16:00
会 場:京都市国際交流会館(京都市左京区粟田口鳥居町2−1、地下鉄 蹴上駅下車)
テーマ:終末期高齢者を支える歯科医療の役割

大 会 長 :岡崎定司(大阪歯科大学欠損歯列補綴咬合学講座)
準備委員長:西崎 宏(大阪歯科大学欠損歯列補綴咬合学講座)
実行委員長:高橋一也(大阪歯科大学高齢者歯科学講座)

後援:一般社団法人 京都府歯科医師会
    公益社団法人 京都府衛生士会

学会プログラム(予定)
○国際招聘講演 (11月19日午後)
  各国の終末期高齢者に対する歯科医療の取り組み
     南方医科大学口腔医学院 院長(中国 広州)  Wu Buling 先生
     ウルグアイ国立大学 教授(ウルグアイ モンテビデオ) Susumu Nisizaki先生
○特別講演(11月19日午後)
  終末期高齢者に対する知っておきたい食支援の臨床倫理
   長尾クリニック 院長     長尾和宏先生
○基調講演(11月20日午後)
  長寿時代のエンドオブライフ・ケア ― フレイルの知見を臨床に活かす
    東京大学大学院人文社会系研究科死生学・応用倫理センター
     上廣講座 特任准教授     会田薫子先生
○シンポジウム(11月20日午後)
   終末期高齢者に対する歯科医療の役割について
     東京都健康長寿医療センター研究所 平野浩彦先生
     陵北病院歯科診療部      阪口英夫先生
     大石歯科医院         大石善也先生
〇一般口演(11月19日午後、20日午前)

懇親会:平成28年 11月19日(土曜日)講演終了後18:00頃〜20:30
会 場:京都市国際交流会館 特別会議室

認定医研修セミナー:平成28年11月19日(土曜日)10:00〜12:00
             (参加は会員のみで別途参加費が必要です)
会 場:京都市国際交流会館 研修室
地域包括ケアにおける口腔リハビリテーションへの期待  
岡持利亘先生 
理学療法士・介護支援専門員,医療法人真正会 霞ヶ関南病院 キャプテン(運営企画推進部長)

サテライトセミナー:平成28年11月20日(日曜日)16:30〜18:30
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所 外来環・歯援診の施設基準に係わる研修会
佐久間泰司先生(大阪歯科大学歯科麻酔学講座 准教授,附属病院医療安全室長)
   松本和浩先生 (大阪歯科大学口腔外科学第一講座講師 日本私立歯科大学協会 附属病院感染
対策協議会 委員)
   高橋一也先生 (大阪歯科大学高齢者歯科学講座 准教授)

演題募集要項:
発表形式は口演のみ、すべてMicrosoft Power Pointによるコンピュータープレゼンテーションとします。PC(OSはWindowsで、ソフトはMicrosoft Power Point2013)は、会場で用意します。口演時間は発表8分、質疑応答2分を予定しております。

申し込み方法:
下記項目をMS-Wordで演題・抄録テンプレートを用いて作成したファイルを、E-mail(件名:演題申し込み)に添付してお送りください。
なお、申し込み後10日を過ぎても演題受領の連絡がない場合は、ご一報くださいますようお願いいたします。

・演題名(和文・英文)
・発表者(和文・英文、演者に○、発表者は会員に限る)
・所属(和文・英文、所属が複数の場合は所属と氏名の右肩に同一番号を付す)
・抄録(本文800字以内)
・連絡先(住所・電話番号・FAX・E-mail)
なお、演題の締切は、平成28年7月29日(金) までとします。

参加費:
前納される方は、締め切りまでに下記口座へご送金後、振込明細を参加申し込み用紙に添付し、必要事項をご記入の上、FAX送信、もしくはコピーを郵送してください。

大会参加費:
会員前納:8,000円(当日10,000円)
大学院生(学生証コピー添付):5,000円
非会員前納:10,000円(当日12,000円)
臨床研修歯科医:5,000円(前納設定なし)
歯科衛生士:3,000円(前納設定なし)
看護師・言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・管理栄養士、等:3,000円(前納設定なし)

認定医研修セミナー参加費(本学会会員に限る):
歯科医師:5,000円
歯科衛生士:3,000円
看護師、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、管理栄養士、等:3,000円

懇親会会費: 8,000円

振込先:
三井住友銀行 天満橋支店(店番号131)  普通預金口座番号1605962
  第30回日本口腔リハビリテーション学会学術大会
        準備委員長 西崎 宏

前納申し込み期限:平成28年9月30日(金)

演題申込・問合わせ先
連絡先:第30回日本口腔リハビリテーション学会学術大会事務局 準備委員長 西崎 宏
住所:〒540-0008 大阪市中央区大手前1-5-17 大阪歯科大学欠損歯列補綴咬合学講座
TEL:(06)6910-1517 FAX:(06)6910-1044
E-mail:30jaor@cc.osaka-dent.ac.jp

第30回JAOR日程
第30回JAOR開催のご案内
第30回JAOR参加申込用紙
第30回JAOR演題・抄録テンプレート
第30回JAORポスター
第30回学術大会のプログラム・抄録集

第30回JAOR宿泊のご案内

宿泊予約受付には、まずは、ご登録が必要です。
画面左上、「新規利用登録」から登録をお願い致します。
お支払方法は、銀行振り込みか、クレジットカード決済をお選び頂けます。

 
 
Copy right 2009(C)Japan Association of Oral Rehabilitation all rights reserved.